本文へスキップ

歯周病学会認定医がいる。ふじさき歯科医院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.043-422-2639

〒284-0005 四街道市四街道1-4-6

クリーンな診療

感染症対策

ディスポーザブル 当院では、手袋・紙コップ・注射針は患者様ごとに常に新しく清潔な物を使用することで院内感染を予防しております。

左上から超音波洗浄機、タービン専用滅菌器、機器滅菌器

写真の説明。

左上から自動注油機、殺菌灯保管庫、グローブ

写真の説明。

左上から滅菌した3wayシリンジ、超音波スケーラー、タービン

左上から滅菌したコントラ、ハンドピース、歯科用機器

写真の説明。

左上から滅菌した外科用機器

写真の説明。


滅菌とは何か?

ここでは滅菌と消毒の違いについてご説明します。 「滅菌」とは、読んで字のごとく、すべての細菌やウイルスといった微生物を死滅させる為に行う行為のことを言います。この様に言いますと、「消毒」と同じように思われがちですが、実はこの2つには大きな違いがあるのです。 「消毒」は、「滅菌」のように有害な菌も関係なく、すべてを死滅させるのではなく例えば感染症が発症しない数まで細菌の量を減らすとか、この強さまでの細菌を死滅させようといった目的を持ってそのレベルまで行われる行為のことです。 従って、消毒剤や消毒薬にも色々な種類があり、日頃私達も傷口の消毒、手の消毒と言うようにその目的に合った消毒薬を使い分けているのです。このように、「消毒」と「滅菌」には大きな違いがあるわけですが・・・ それでは実際に皆様の治療に使用する機材はどのようにすればいいのでしょうか? 実は、感染予防を考える場合には、人間の体の中や血管の中は無菌状態であると考えます。ですから、このような無菌の部位に入っていく器具や機材は無菌でなけれならないので全ての微生物を死滅させる「滅菌」を行う事が必要になるのです。

オートクレーブとは、130℃の高温高圧の蒸気により器具や機材に付着した微生物がこの高温の蒸気にさらされることで、自身を構成しているたんぱく質が変性を起こして死滅します。 当院ではこの滅菌器を使用して完全滅菌された器具を使用しております。

fujisaki dental clinicふじさき歯科医院

〒284-0005
四街道市四街道1-4-6
TEL 043-422-2639
FAX 043-422-2639